<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

親目線、子供目線

ここ数カ月、ず〜っとみたくてうずうずしていて
今日本に帰っている友達にDVD買ってきてもらおうか。。。っと思っていた映画。

YouTubeでやっと観れましたわーい

「ホットロード」
ホットロード

















私の世代の人にはドンぴしゃの映画!!

めっちゃ読んでいたし、心に残っているマンガ。
映画になると知った時、一瞬であの時代の記憶がよみがえる〜



配役は誰?
検索してみた、ポスターの写真。


配役




好きでみていたあのあまちゃんの能年玲奈ちゃん。
でもこの顔をみて、瞬時に「あっ、和希。。。」って思いましたね。

春山役。。。この時に初めて登坂広臣っという人を観たのですが
全く違和感感じなかった。

二人ともぴったりハート

ア~見たい!

そしてやっと!!!




号泣ですDocomo_kao8
あの時に感じていた想いみたいなものがどんどん出てきて、ただただ涙Docomo_kao8
原作を読んでいた世代にも全く違和感なくて大感動!

2回目に観ると、ちょっと違う目線で見ている自分もいました。
「母親からみた目線」です。


10代の頃って、親は親で大きな存在だったと思うのですが
その親の想いと自分の想いとがずれると反発したくなる。
そんな時期が私にもあった。

映画の中で、「親も生きている。そう思えばいいじゃん」ってセリフがあって
そういうふうに、親を一人の人として見られるようになるまでにずいぶん時間が必要だった。




私には5歳になる娘が居るのですが
彼女が10代の多感な時期がきたら、私はちゃんと受け止めてあげられるだろうか?

。。。。そんな気持ちが湧いてきて、そんな目線でみている自分がいました。



監督の言葉で
「その時に10代で原作を読んでいた人達が、子供を産んで、親になって、
大人になった今
やる意味が(この映画を今やる意味が)あったんだなぁと思いました。」
っとおっしゃっていて、
まさにそんな感じで、当時を思い出した10代のころの目線の私と、
母になった親目線の私。
ダブルでぐぐぐーーっと突き刺さった映画でした。



映像も綺麗でマンガ世界観のままハート




「ホットロード」
40代の方、お勧めですニコッ













 
岡田美和子 * 映画・音楽 * 11:00 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

Let It Go

年始のお休みにディズニーの「Frozen]という映画を見ました。
(日本では「アナと雪の女王」というタイトルで3月に公開だそうです。)

Frozen



























そして、またまた旦那君が懸賞に当たりちゅん
その映画のドールハウスが当りました!

doll house


















バレンタインデーに娘にプレゼントしたのですが
年始にみた映画をYouTubeで見ると
主題歌の[Let It Go」を日本では松たかこさんが歌っています
(めっちゃ上手いです!)

http://www.youtube.com/watch?v=QZ1poicuB2s



その主題歌のLet It Go〜というフレーズがとてもキャッチィなフレーズで耳に残るので
一度聞くとすぐ覚えて何度も口ずさんでしまうのですが

日本語だと”ありのままで”という風に訳されています。

松さんの歌を聞いておちびが
どうして蟻のママなの〜?」っと。。。。
マジでエリザベス

た、たしかに。。。
ありのままっという言葉を始めて聞いたからそう思うのは納得!

そしてここ数日
英語版と日本語版の[Let It Go~ ]「ありの〜ままで〜♪」がずーっと頭から離れないのでした。。。

とってもいい曲です。
お勧めです。

ニコッ

岡田美和子 * 映画・音楽 * 10:30 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

エンターテーメントな1日 ☆

この土曜日。

1日に2つもコンサートに行くっというなんとも贅沢な1日でした


午前中はおちびの為に行ったコンサート。

[The Wiggles]

Wiggles

















このWigglesは、オーストラリアの子供番組のショーなのですが
ワールドツアーもしちゃうスーパースターなのです。



もともとは4人の男性が始めた番組で
25年前にスタートしたので
皆おじさんになり、最近”新生Wiggles”が出来ました。


判りやすい音に、繰り返し同じフレーズ。
1度聞いたらすぐおぼえちゃう単純で楽しい音楽。

子供ならずとも、大人も結構楽しい気分になっちゃうのだから不思議です


のりのり


















ホッケーのスタジアムでのコンサート。
3回公演ですよ!
さすがWiggles


おちびノリノリ
そして、全ての曲を知っている私も旦那ものりのり


Wigglesカラーで、赤、青、黄色、紫のお花の花束&お手紙を用意してきたのですが
ちゃんと手渡しできて良かった


ステージ下
























前から4列目のとても良い場所だったので、最後にはステージ下までGO!
「エマー」「ロッキー」「アンソニー」「サイモン」
大声で叫ぶおちび


Wiggles 最高です









そして夜は[Jack Johnson]のコンサートへ行きました。

Massey Hall













場所は[Massey Hall]











以前、Jason Mrazのコンサートに行ったのと同じ場所。

古いこじんまりとしたいい場所です。




















実はチケット。

最初、問題に答えて、正解者の中から抽選で選ばれた人のみ!
っという狭き門で、
その時は駄目だったのですが

しばらくしてチケットが買えるようになって
やっとGETしたのです。


なので、場所はあんまり良くなかったのですが。。。

Jack Johnson


















ず〜っと行きたかったので
やっと行けました



もうしびれましたよ


Jack Johonson Love




岡田美和子 * 映画・音楽 * 10:40 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

目標となる女性

 以前観たい!っと言った映画「レオニー」
レオニー


この映画監督の松井久子監督の懇親会があるとのことで
行って来ました

松井久子監督























現在66歳。
50歳で初めて映画を撮ったそうです。

レオニーは3作目の作品。





JCCC内のさほど大きくない部屋で行われたその会は
20人ほどの日本人女性が集まり、
お菓子を食べながらアットホームな雰囲気で行われました。

日本でなら、大きな会場で講演会を開かれる方でしょうに
日本人の少ないトロントならではで、真近でお話をきけてとてもラッキーでした




とにかくエネルギッシュでチャーミングな監督。
映画の世界は男性社会。
そこに素人の女性監督が映画を作ろうなんて
だれからも反対されながら、そのバイタリティで成功させた!


映画を観る人は女性客が多いのに
なぜ作るのは男性なんだろう〜?っと。。。思っていたそうです。

女性ならではの実体験からくる家族の姿を撮りたいのだ。。。と。。。


私も建築という男性社会に身をおく身としては
「わかる==!」っという話が盛りだくさん!!


「もしこの場がBARとかでお酒があれば、監督と色々お話したい」
っと発言してしまいました


私も今「産婦人科」の設計をさせて頂いています。
たしかになぜ産婦人科なのに男性が設計しているのだろうか?
っとも思えますよね。
出産経験者だからこそできる設計。
これは女性だからこそです



業界は違えど、社会で働き続けながら、子育てもしながら〜
そしてものづくり者としての熱い情熱
それが50歳過ぎてからのスタートでもけして遅くないのだと。。。

本当に素敵な女性で、すっかりファンになりました


「レオニー」は3回みると良く理解できるそうです
お勧めです!!

サイン




本にサインも頂ました



















こういう生き方素敵!
私もがんばろう!

っと渇を入れてもらった気分で
今日は気分はればれ〜




働く女性の皆さん。
がんばりましょうね!!



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
「調べた単語」

Take up the slack (活を入れる)

Sociable (懇親会)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

岡田美和子 * 映画・音楽 * 10:20 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

観たい!! (レオニー)

 Toronto Japanese Film Festival

に今年は観たい映画が沢山出ています


とくに観たいのが「レオ二ー」

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=JKiWzHm0dsg




哀しくも力強い、一人のアメリカ女性、世界的に有名な彫刻家イサム・ノグチの母レオニー・ギルモアの物語です。


   ”1901年、女子大を卒業し、ニューヨークで教鞭をとっていたレオニーは日本から
    来た詩人・野口米次郎(ヨネ・ノグチ)と出会い、お互いに惹かれあい恋に 落ち
    入った。やがて、レオニーはヨネの子を身ごもる。妊娠を知るとヨネは一方的に帰
    国してしまう。カリフォルニアに移りシングルマザーとなったレオニーだったが、日
    系に対する 差別を感じ、ヨネの誘いにのって渡日を決意する。”



子供ができてから
子供の出ている映画、ドラマ、CMに至るまで
やたら涙腺がゆるくなっている私 
この映画を観たら号泣間違いなしの予感ムンムン



しかも時々考えるんですよねぇ〜
”ハーフの子を持つ母親として”
今、娘を連れて日本で生活するとどうなるか?っと。。。。



ましてイサムの育った時期に、
日本でイサムを育てたレオニーの気持ちはいかばかりだったか。。。



国際結婚の難しいところ。
そしてハーフの子のおかれる状況(時代、場所によっておこるであろう差別など)。。。



この映画は自分に重ねてみれるところが多そうで
観たい===のだけど。。。。


時間、日曜日の7;00PM。。。。



そんな時間にはおちびを置いて外出できない。。。



がっくり。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
「調べた単語」

discrimination  (差別)

sculptor  (彫刻家)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


岡田美和子 * 映画・音楽 * 10:45 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

SATC-2 観てきました

 [Sex and The City-2] 観てきました 


STC-2









日本でも公開中のようですから
観た方もいますよね?








前評判はこの「2」は良くないっと聞いてはいましたが。。。


実は私は思いっきり共感して帰ってきました 



「1」の時は結婚

「2」ではその後と子育てなど。。。。


しかも設定も実年齢も40代(サマンサは50代だけど)の話。
自分に重ねあうところがいくつもあって
うぅ==わかるぅ===
っと
前評判とは裏腹に、私はエンジョイしましたよ 


相変わらず洋服も可愛いしね。

しかしサマンサ、
いいですよね〜 


いいぞ!
アラフォ===







あっ、日本戦明日ですね。
さてどうなるかなぁ〜??


がんばれ!日本!!























岡田美和子 * 映画・音楽 * 09:25 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

洗脳中〜

 ALOHA HEAVEN


















娘が産まれてから
毎日聞かせているCD
ALOHA HEAVEN

ハワイアンミュージックです




”老後はハワイに住みたい”っと
ひそかに夢見ていた私ですが
どうもかないそうにもないので、その夢を娘に。。。 




将来、ハワイ大学とか何でもいいので
ハワイに住む人になって欲しい〜
そしたらマミーは遊びに行くよぉ〜




っと今から音楽を聞かせて洗脳中なのであります
















岡田美和子 * 映画・音楽 * 14:10 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

必見! [ THE COVE ]

 この6月に日本で公開されるドキュメンタリー映画

The Cove

The COVE








これ!是非見てもらいたい 



和歌山県太地町
くじらとイルカで栄えた町で行われている事の話。



最初この映画の話が旦那君からあった時、
「またお肉の国の人(アメリカ)が魚の国の人(日本)を中傷しているんだろう〜
くらいで右から左に流して聞いていたのですが。。。



この映画のイントロダクション
あなたは知っていましたか?
日本でイルカを捕獲し、食べているということを


っという内容に衝撃



えぇ==
イ、イルカ? 食べないよ。 まさかぁ==

っと疑いました。




イルカを捕獲して、一部はイルカショーをするところに売り
それ以外は殺して食用として売っているのだそう。
しかも相当の数。

血にそまった海辺


これがイルカを殺して血に染まった入り江。


ショー用に売るというのまでは、そういうのを生業としているところもあるだろう。。。
っと思ってはみましたが
イルカを食用に売る?
しかもそれは「鯨肉」っとして普通にスーパーで売られているのだそうです。


知ってますか?
イルカは”水銀”の数値が非常に高く
水銀はあの水俣病の原因になったものなのです





イルカを殺していたことも
鯨肉と偽って売っていたことも相当怒りますが



まだあるんです 


学校の給食にその鯨肉と偽って売られたイルカの肉が支給されているらしいのです。

これには怒り奮闘です 





学校給食って「残さず食べましょう〜」っと習いますよね?
水銀の入った肉を残さず食べろっということなのでしょうか??
売っている人達はそういう意味で売っているのですよね?


これは大問題ですよね?
私はもし日本にいて娘がそれを食べていたら黙ってはいられないと思います


数日前のニュースで
この太地町の人の水銀濃度検査を行ったら
全国平均の4倍の濃度が検出されたそうです。


これは是非問題視して欲しいものです。















岡田美和子 * 映画・音楽 * 13:45 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

The Wrestler

 ミッキーロークの復活映画

The Wrestler (ザ レスラー)」を見ました。

The Wrestler







私と同世代の方は覚えているかと思いますが、
彼はかつて”ナインハーフ”っという映画が大ブームになり
セクシー俳優として女性誌でもよく特集されていました。



かつてのミッキーロークナインハーフ



これは当時の頃






この映画を引き下げて、久しぶりにレッドカーペーットを歩くミッキーロークを見た時



ど、どうしちゃったの? 
この変貌ぶり。。。。


どうやらドラッグやらお酒やらで、こんな変貌になったらしい。。。



そんなすっかり変わっちゃったミッキーロークの映画。
正直観るのを躊躇しましたが
怖いものみたさ?で見て見ました。。。



タイトル通り、レスラーの話。


乱闘あり、流血あり、ちょっとエッチなシーンあり。。。。


私の膝の上で、天使の寝顔ですやすや眠るBabyとのギャップがあまりにもありすぎて
んーチョイス間違ったかな。。。っと最初。。。





この映画。
映画というよりドキュメンタリーっぽい。



年老いたレスラーの葛藤みたいなのが描かれていて
ミッキーの演技もいいんです


The Wrestler-2







なんだか切なくて、
心にジーンと響く映画でした


ちょっとおすすめの映画です
岡田美和子 * 映画・音楽 * 09:10 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

映画祭に来ている日本映画

 今年のトロント国際映画祭に来ている日本映画

Kamui(カムイ外伝)   出演。。。松山ケンイチ、小雪

Bare Essence of Life(ウルトラミラクルラブストーリー)  
                 出演。。。松山ケンイチ、麻生久美子


  ん〜。。。前に”デトロメタルシティ”を見てから
  すっかり”松ケン”ファンになっているので、見て見たい。。。
  どっちかといえば”Kamui”の方が見たいかな〜?

Toads Oil(ガマの油)  出演。。。役所広司、瑛太

  これは監督が役所広司なんですね〜。
  瑛太との競演。
  二人とも好きな俳優さんなのでちょっと気になりますね〜


Symbol(しんぼる)   監督、出演。。。。松本人志

  Oh==松ちゃんの映画かぁ
  見たいような〜見たくないような〜。。。
  でも松ちゃんの頭の中を覗いてみたいので、これも気になる。。。


Air Doll(空気人形)   出演。。。ARATA,べドゥナ、オダギリジョー

  オダジョーだから見たいけど、
  前に「蟲師」という彼出演の映画で散々な目に会ってから
  どうも彼の選択する映画にはちょっとトラウマ感があり。。。
  でも板尾が出ているのかぁ〜面白いかも。。。(←どういう基準??



今回来ている日本映画、どれも個性的で見て見たいなぁ〜(見れないけど。。。)

最近の日本映画は面白いから期待できるよね 
岡田美和子 * 映画・音楽 * 09:45 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ